日別アーカイブ: 2017年8月24日

網膜剥離(硝子体手術)1度目の手術です。

2015年6月4日

突然、

“明日しましょう​”​

と言われたので、いよいよという覚悟でもなく、バタバタと用意に追われ当日を迎えました。

10時に1階の入院受付で手続きをして、
15階の病室に案内され、即点滴です。

当然、飯抜き。

空腹と闘うより、緊張の方が勝ります。



<スポンサーリンク>

一応、手術前に、別室で手順を説明されるのですが、よく分かりません(笑)

 

左目下に麻酔をして何たらかんたら。

 

昔、バイクの事故で左鎖骨を折って手術したのですが、その時は全身麻酔だったので、気がつけばベッドの上で寝てました。

 

今度は局所麻酔です。

て、ことは、手術中の音が聞こえる訳ですね。

てか、針を目に刺すのを想像しただけで痛いです(笑)

さて、網膜剥離の手術には、二通りあります。
 

“硝子体手術”と“バックリング手術”です。

 

眼球に針を刺し、剥がれた網膜を元にもどすのが

“硝子体手術”

網膜の剥がれた部分を、眼球の中からくっつける方法で、硝子体に出血がみられる方でも行うことができます。
目の下の部分に注射で局所麻酔を行います。
硝子体を切除し、硝子体や網膜をひっぱっている組織を除去した後、眼球内にガスを満たします。
網膜の剥がれている部分を風船のように膨らませて、網膜にくっつけます。
その後、網膜光凝固術を行い、網膜をくっつけます。

https://www.c-notes.jp/diseases/detached_retina/cures/3

眼球の周りにバンドをして、剥がれた網膜を貼り付け固定するのが

“バックリング手術”

ま、眼球を水の入った風船と思ってください。

その風船を握ると押しつぶされて、握ってない箇所に水が逃げますよね。
その逃げた所に網膜を充てるのです。

眼球を握ってる訳にはいかないので、バンドで縛ります。

眼球の外側にシリコンスポンジを縫いつけて、眼球をへこませることで網膜を正常な位置に戻します。その後、網膜裂孔のまわりを固めてふさぎます(冷凍凝固)。
網膜の下にたまった液体が多い場合には、強膜側から針のような穴を開けて外に出します。

https://www.c-notes.jp/diseases/detached_retina/cures/2

どっちが良いのかは、素人には分かりません。
その病院に寄っての判断だと思います。
 

ここは前者でした。

 

“硝子体手術”ではなく“バックリング手術”だとしても受け入れてたでしょうね。

 

てか、素人の自分には医師の言うがままでした。

 

この時点で、どっちが良いのとか、どっちが痛くないのとか、分かる訳がありません(笑)

 

後で調べたら、“硝子体手術”より“バックリング手術”の方が古いらしいのと“硝子体手術”の方が技術を伴うらしいです。

 

話を戻します。




<スポンサーリンク>


 
緊張した自分をよそに手慣れた感じで手術の準備は進んでいきます。

 

て、当たり前か。

 

病室で薬を飲み、点眼し点滴をさします。

 

手術前に3回くらい点眼したのかな。

 

その都度、看護師さんが来てさしてくれました。

 

後は待機です。

 

時間が経つのが長いような短いような…

“無事に終わりますように”とミサンガを巻きました。


​ 
15時頃かな。

 

病室から車椅子で階下の手術室へ移動。
平素を保ってても心臓は、

バクバクです(笑)

手術が好きな人なんか居るわけないですよね(笑)

手術室手前の部屋で一人しばらく待機です。

15分ぐらいでしょうか、奥から看護師の方が来て
名前、生年月日、何処を手術するのか?と最終確認をします。

そしてまた、待機です。

当たり前ですが、手術室の前は、殆ど無音状態。

これが嫌なんですわ…

聞こえるのは、自動ドアの開け閉め音のみ。

嫌な空気が流れます(笑)

10分ぐらいしたら、先ほどの看護師さんと手術を担当するスタッフが来ました。

手術担当とその助手に、麻酔担当含め5人ぐらいだったと思います。

 

手術担当は、診察をしてくれたM先生。

 

助手は、午前中、これから行う手術を説明してくれた若い研修医くん。

 

この子が将来、手術を任され、偉くなっていくのですね。
そして“白い巨塔”の世界に…

 

と、勝手に想像を膨らませていきます(笑)

 
先生たちに

 

「よろしくお願いします」
「頑張りましょう」

 

とか言われたのかな?

緊張のためか、あんまり覚えてないです。

 
で、そのまま手術室へ。

 

心臓バクバクですね。

 

なぜが「ターミネーター」の音楽が頭の中で鳴ってます。

 
♪ダダン ダ ダ ダン
ダダン ダ ダ ダン

チャララーン チャチャチャン

 

職業病ですな…(笑)

 

何かにつけ、頭の中に音楽や効果音が流れるのです(笑)

 
大病院なので、幾つか手術室がありました。
その一室に入ったら、手術台は2つ。

 

テレビなどで見る手術室とは、ちょっと違います。

 

まあ、外科手術するわけではないですからね。

 

入った途端、冷房を効かせてるので若干寒気が。

 

手前の手術台には、終わったばかりの先客(笑)がおりました。
しばらく安静にしとくのでしょう。

 

自分はその奥の手術台に運ばれます。

 

「車椅子から降りて手術台に横になってください」

もう、この辺りから

“まな板の鯉”

状態です。

逆らうと負けです(笑)

 

麻酔担当者が手際よく左目下に注射。

 

昨夜、ネットで“硝子体手術”について調べたのですが、一番痛かったのが、この麻酔と書いてました。

 

自分の場合、麻酔師が上手かったのか、余り痛みは感じなかったですね。

 

慣れた手つきでブシューと。

 
麻酔が効く間、胸元を開けられ心電図用の吸盤を充てられたり、血圧を測るために腕帯を左腕に巻かれたりなどの準備に入ります。

その後、

両手を手術台縛られます。

 

本郷猛が仮面ライダーに改造される前ですな(笑)

“ぎーーー!”

 
 
首から上も固定されます。

どうやって固定されたのか見えないので分かりませんが。

 

心の中で

“うおおお!!!”

と叫び、

鼻とかが痒くなったらどうしようとか、
くしゃみしたい場合はどうすればええん?とか、
地震が来たら終わりやなとか、不安な事ばかりが頭をよぎります(笑)

 
だから、局所麻酔は嫌なんですわ。

全身麻酔だったら、もう寝てるのに…

 
 
次は、左目部分があいた薄緑色したシートを
顔に被せられます。

 

そしてしばらく待機。

 

その間、先生たちは準備をしています。

 

シートを被せられてるので音だけの世界です。

 

左目は暗い感じでしたね。

 

先生が左目横を押したのでしょうか。

 

「感じます?」

 

と、聞いてきました。

 

「いいえ」

 

と、答えたら、準備完了。

 
…なんですが、緊張のため、血圧が上昇します(笑)

 

元々、高血圧持ちで緊張にはめちゃくちゃ弱いタイプなのです(笑)

看護師さんから

 

「息を大きく吸いましょう」

 

と言われるのですが、言われれば言われるほど緊張してしまいます。

 

落ち着け!と言われてもね…

 
4〜5回、深呼吸したのでしょうか。

少し血圧が下がったので、再開。

 
左目の周りに目が閉じないよう、クリップをつけられます。
そして、ライトをオン!

目の前が真っ白に。

 
何をしているのか、さっぱり分かりませんが、
器具のカチャカチャ音と何かのモーター音、そして手術室全体に流れてるクラシック音楽。

 

出来れば、クラシック音楽はもう少し大きくしてもらいたかったな〜(笑)

 
真っ白の中、黒い影が動くのが分かります。

 

なんかやってんだなって感じ。

 

多分もう、眼球に針が刺さってるんやろな。

 
手術が始まってから、時間がどれ位経ったのか、
当然時計など見れるわけがありません。

 

なので、血圧を測るためにしている腕帯が左腕をしめつける回数を数えます。

 

10分に一回だったかな?

 

時間の流れが遅いです。

 
モーター音は嫌でしたね。

 

スイッチを入れるたびに、コンプレッサーの動作音みたいな音がします。

 

グゥイイイーーーンてな感じ。

 

それと先生が指示してる声。

 

目の手術ですから、耳もとにある器具の音もよく聞こえます。

 
手術開始30分ほどでしょうか。

 

麻酔をしてるはずなのに目の奥が痛み出しました。

 

堪えきれず、先生に

 「痛いんですけど」

 

と、言うと、先生は麻酔の担当者に何かを何cc足してと指示。

痛みが和らいできました。

 

それでも完全になくなったわけではないのですが…

これはもう我慢なのかなと。

 

手術後に書いた日記です。 

「手術は57分ほどで無事に終了。

今、病室のベッドから書いている。
若干、目に違和感が残るが時間が解決してくれるだろう。
術中は不思議な感じ。
北斎の絵じゃないが、肌色のバックから強烈な光が差し込み左から右側に墨汁が撒かれた感じがしたり、下3分の2ぐらいを血液が波のように移動したりと、とても興味深かった。
胎内にいる赤ん坊はこんな映像を見てるのかも知れないな。
素晴らしいけど、2度と経験したくないねw」

 
術後、しばらく安静にして、再び車椅子に乗せられ病室に戻ります。

 

眼球内にはガスが入れられており、そのガスが上に上に逃げようとします。
それを利用して網膜を安定させるのです。

 

そのため、先生の許可が出るまではうつ伏せで寝なければなりません。

 

一応、息が出来るように、Uの形をした特殊な枕を貸してくれるのですが、これが結構辛いのです。

 

Uの形をした枕を逆さまにして寝ます。

 

寝てる間に息苦しくなり、自然と顔が横向きになります。

 

そうすると、看護師さんから注意され再びうつ伏せに(笑)

 

これ、飯やトイレ以外は、ずーっとこの状態。

 

歩く時も飯食うときも下向きで、との指示です。

 

ま、上向いて飯は食いませんが(笑)

 
少しの時間ならスマホをいじるのはOKとの事。

 

これは、ありがたかった。

だって、それしか楽しむことはないからね。

 

今日は、ここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

2017-08-24


<スポンサーリンク>