投稿者「gazilla8940」のアーカイブ

gazilla8940 について

2015年に左目が網膜剥離になり硝子体手術をしました。 しかも5回もです! その経験、体験を少しずつですが、このブログで面白可笑しく書いていきたいと思います。 また、サッカーJリーグ、ヴィッセル神戸のサポーターでもあります。 今までに行ったことのある、スタジアムの写真等を記事にしています。 時には、愛猫、映画、仕事のことなども書きたいと思います。

8月に入りました。

「今日から8月。
願掛けに新井薬師に行ってきた。

どうなるか分からんけど、日に日に怖さが増していく。

誰か近くにいて、ネガティブな自分に付き合ってほしい。
そして、どんなことでもいいから話を聞いてほしい。
今、思い返せば、当時の智○子もそうだったのかな、と思う。
ごめんよ。
今、自分がそうです。
だから、辛いけど耐えるしかない」

智○子とは、6年前に離婚した嫁の名前です。

彼女は、2013年に当時勤めていた職場で倒れました。

診断は

“クモ膜下出血”

今現在も左半身が不自由なのです…

詳しくは、

​元嫁のことを少し。

上記は、8月2日の日記です。

歩いて15分ほどのところにある
“新井薬師 梅照院”へ行ってますね。


“新井薬師”は、目の神様として、有名です。

http://www.araiyakushi.or.jp

今までは、何でもない只のお寺でした。

用があっても大晦日の初詣ぐらい。

別に神様を信用していないわけではないのですが、それなら普通、お寺やなくて神社に行くでしょう(笑)

しかし、この時ばかりは、全世界の神様に願いを掛けています(笑)
​​
<スポンサーリンク>



8月2日の18時に書いた日記です。

「虚しさと怖さが入り交じる日曜日。
昨日は、新井薬師に、今日は今さっき北野神社に行ってきた。

神頼みしかない。

もうこれしかない感じ。

これから日本代表と北朝鮮代表の試合見てお○の○にでも行こうか。

別に愚痴をこぼすわけでもないねんけど、なんとなくね。

最近、この日記を毎日書いてるけど、いつまで続くのかな?

これ書くのとゲーム。

あとは寝るだけで1日が終わる…

これも運命かな。
辛くてキツい運命やねw」

8月2日 26時46分に日記を書いてますね。

「お○の○から帰ってきた。
朝早いから寝なきゃいけないのに眠れない。

そりゃ怖いさ。

高圧的やもんな〜あの副院長。

あの手には弱いんよねw
昔から。

自分もどちらかと言えば高圧的な方やねんけど、
立場逆になればシュンとしちゃう性格w

ここで大きなため息〜
メソメソ(。pω-。)メソメソ

しかし、俺ってなんで素直になれへんのやろ。

気持ちはあるねんけどね。

うまく言葉に出せへんし、それを汲みとってもくれへん。

別に突っ張ってるつもりはないねんけどな。

「斜に構えてる」
他人には、そう見えるんやろな。

無茶苦茶臆病なのにね。

本当の自分を出せたら、なんて楽なんやろと思うわ。

そんなんより、今日、横浜に行くのが怖いね。

誰か一緒に行ってくれへんやろか…

せめて、話し相手にでも。

明日の今頃はどないなってんのかな?

はぁーーーーーー
出来る事なら、何処かへ逃げたいよ。

♪突っ張ることが男のたったひとつの勲章だって、いつも胸に生きてきた〜♪」

今日は、2回目の横浜です。




今回は、ここまでです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2017-09-16

<スポンサーリンク>


カルテを取りに…

​7月29日。

朝の照りつける夏の陽射しを遮るべく、サングラスを掛けて大江戸線・都庁前駅へ。
左目が、光に弱くなった気がします。
太陽の光が、すごく眩しいのです。

そこから徒歩で約10分、
東◯医科大学病院に到着です。


<スポンサーリンク>


エスカレーターで2階に上がり、眼科の受付へ。

今まで、ここで手術、診察をしたカルテを開示してほしいと伝えると、
案の定、1週間は掛かるとか。

受付の人に、サングラスを外し、少し大きめな声で

「ここで、手術したらこんな目になったんですけど…」

と。

続けて、

「他の病院で見てもらったら“医療ミス”って言われ、早急にここのカルテを持ってくるようにと言われたんですが!」

診察を待っていた患者さん達が、一斉にこちらを見ます(笑)

慌てた受付の人は、

「しばらくお待ちください」

と言い、奥の方へ行きました。

それから、どれぐらいの時間が経ったでしょうか。
受付前の壁に寄りかかっていた自分に、別の看護師さんが来て、

「カルテは、なるべく急いで開示します。
ただ、莫大な量のため、数日お待たせするかもしれません」

「時間との勝負と言われてるんですけど…」

「申し訳ありません。
早ければ、明日までに。
用意出来ましたら、お電話します」

と、言われたので、電話番号など必要な項目を書いて、後にしました。

昨日、深作眼科からもらった左目網膜を写したレントゲン写真は、必要ありませんでした。


7月29日の日記です。

「前半で※0-3やって…
見る気なくして、テレビのスイッチを切った。
さて、左目の事だが気力が落ちて何も書きたくない。
時間の勝負になってきた。
失明するのが早いか、手術するのが早いか?
カルテが出来上がり次第、横浜に行きたいのだが…
明日、出来ることを祈ろう。
あ~早く7月が終わってほしい」

※2ndステージ 第5節 ヴィッセルはサンフレッチェ広島に0-4で負けました…
​​

<スポンサーリンク>



7月30日の日記です。

「東◯医科大学病院から電話は無かった。
明日かー
と、いうことは横浜に行けるのは早くても月曜日。
もう、あかんかも知れへんね。
ある程度、覚悟は出来てるつもりやし、
障害者手帳の手続きをネットで調べ始めている。
横浜の深作眼科の副医院長も高圧的で苦手やな。


俺かって被害者なんやで!

今年はあかん。
人生最悪の年や。
左目が失明やて!
ほんま、どないなっとうねん( `д´)ケッ
もう、いややこんな人生!」


ネットで障害者手帳を調べてますね。
これ、片目が失明しただけじゃ、ダメだそうです。
日本の制度って不合理やね…

「片目失明者」が障がい認定されない日本の不合理

 

翌31日、朝の9時過ぎにカルテが出来たと電話が来ました。


7月31日の日記です。

「今日で7月は終わり!
8月からは好転してほしい。
カルテが出来たので、朝10時過ぎに東◯医科大学病院
に取りに行ってきた。
たが、明日明後日は土日なので病院は休み。
早くて月曜日だ。
それまで、俺の左目は持つのだろうか!?
いや、ここ迄来たのだから最後まで諦めずに行こう!
ダメで元々。

20時頃、母親から電話があった。
喘息が辛いらしい。
話してるこちらも辛い。
がんばれ!おかーちゃん&俺!
こんぐらいでへこたれるな!」

長かった7月が終わります。

2日で、カルテが出来たのは喜ばしいこと。
量もかなりあったしね。

ただ、逆に疑問が湧く。
もしかしたら、過去にも同じような事案があったのではないか?

当然あったでしょう。

事の運びが順調すぎますからね。

いやまあ、あまり深く考えても仕方がない。

迅速に用意してくれた東◯医科大学病院に感謝!

…なんだが。

なんだかな。。。(=ω=.)

もしもの時にカルテをコピーしておこうと思ったのですが、
あまりにも量が多いのと、肉体的、精神的にも疲れてたので止めにしました。

とりあえず寝させて…




今日は、ここまでです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


2017-09-15




<スポンサーリンク>

茨城県立カシマサッカースタジアム(​スタジアム巡り その4)

​鹿島アントラーズのホームです。




収容人数は、40,728人。
以前は15,000人でしたが、日韓ワールドカップを期に2階席を増築しました。

ここは、コンコースでガスが使えるため、別名、

“グルメスタジアム”

と呼ばれています。

定番のもつ煮込みを始め、ハム焼き、串焼などなど。


<スポンサーリンク>

これでもか!

と、言うぐらい種類は豊富です。

ここに来たなら是非とも食べていただきたいのが、沢山ありますね!

自分は、

“もつ煮込み”

を、必ず注文します。

しかも値段が安くて、量が半端ない!(笑)

なので、いつもミニサイズにしています。

以前は、マグロの解体ショーもあったり、この広いコンコースでは、何かしらイベントが行われています。

ただし、アウェーゴール裏のコンコースは、屋台が殆どありません(笑)
それと、アウェーゴール裏からメインスタンドへは行けませんので、
ご注意ください。

今はもう慣れましたが、ワールドカップに合わせて増築された2階の最前席は、高所恐怖症の自分には、ガグブルでしたね(笑)

それから、鹿島灘に近く、霧が立ち込むため、カラーボールで試合を行うこともあります。

“神秘的なスタジアム”ですね!

2012年9月1日も少しですが、靄が発生しました。

最近では、2017年8月5日の鹿島アントラーズ vs ベガルタ仙台戦で
霧が立ち込み、オレンジの公式球を使用しました。

2011年3月に起きた東北地方太平洋沖地震では、ブロックが崩れるなどの被害を受けました。

 

茨城県立カシマサッカースタジアムへの行き方なんですが、
東京駅(八重洲口)から出ている高速バスで行くのが、一番楽なのではないでしょうか?
交通渋滞にも寄りますが、時間にして2時間ちょい。
スタジアムの前まで運んでくれます。

バスは、潮来インターチェンジで一般道に入ります。

クラブハウスです。

通常定期便(自由席)と直行便(指定席)の2種類のバスが出ています。
直行便(指定席)の乗車券は、予約制です。
ネット等で、予約してください。

値段ですが、

通常定期便は1,830円で
直行便は2,300円です。

(※2017年9月現在)


<スポンサーリンク>


ヴィッセル戦は、そんなに混まないので、通常定期便で充分かな(笑)
てか、通常定期便しか買ったことがありません。

高速道路は、千葉県に入ると、割とスムーズに進みます。
水郷潮来バスターミナルで降り、鰐川を渡ってスタジアムへ。
直行便なら、さほど時間は掛かりませんが、
通常定期便に乗ると、

鹿島セントラルホテル、鹿島宇宙通信センター、アントラーズクラブハウス、
鹿島神宮、鹿島神宮駅等を経由しますので、

時間に余裕を持たした方が賢明だと思います。

自分は、2011年10月に“鹿島神宮”に行きました。


鹿に餌をあげ、蕎麦を食って、鹿島神宮駅まで歩き、
そこからタクシーで、スタジアムまで行ったのです。

“すてきな奥さん”(*´д`*)アハァ

奈良にある春日大社の鹿は、ここから連れてこられたとか。

“要石”へ行きます。


“要石”とは、古来より、地震からの守り神として信仰されてきた石です。
「鹿島七不思議」の1つです。

奥宮を下り、“御手洗池”へ。


ここも、「鹿島七不思議」の1つです。
この池に大人が入っても、子供が入っても、水深は乳を越えないといわれています。

“御手洗池”横にある蕎麦屋で一服。

鹿島神宮を後にして、駅の方に歩きます。

タクシーでカシマスタジアムへ!

 

通常定期便のバスに乗った場合、停留所からスタジアムまで、必ず“ジーコ像”の前を通ります。
拝むもよし、写真を撮るもよし。

負けたからと言って、決して蹴らないように(笑)

「献身」「誠実」「尊重」=「魂」だとジーコは教えました。
いわゆる

「ジーコ・スピリット」

ですね。
当時、二部チームの住友金属に入団したのには驚きました。
当初は、古河電工(今のジェフユナイテッド市原・千葉ですね)との話が進んでいたそうです。


<スポンサーリンク>


当時、自分もジーコのレプユニを買いました。

さて、帰りなんですが、試合終了後、サポーターが一斉に帰りますので、潮来インターに乗るまでは、やたら混みます!
あまり客の入らないヴィッセルでそうなので、人気のクラブだと、もっと混むかと思います。
その辺は覚悟が必要かと。

車内が混んでる時は、補助席が出ますので、後部にあるトイレに行くときは注意が必要です。
スタジアムで、あまり飲みすぎないように…(笑)

あ、帰りだと左側に東京ディズニーランドが見れます。
ディズニーシーの火山もバッチリです。
夜だと暗くて分かりづらいかも。

東京駅に着いたら八重洲の方に居酒屋が数軒ありますが、立ちんぼがウザいですよ(笑)

お昼過ぎからの試合なら、関西方面から来られても、日帰りは充分可能です!
是非、グルメスタジアムの“茨城県立カシマサッカースタジアム”へ。

2009年に宮本恒靖が加入しました。 欲に言うツネギャル(おば様?)です。。。

当時、ヴィッセル神戸を指揮していたカイオ・ジュニオールです。 2016年、飛行機事故で亡くなりました…(ノ_・。)

西野監督です。2012年に19試合だけ指揮を執りました。




​ 2017-09-15

​元嫁のことを少し。

​元嫁とは、1997年に出会いました。

東京に出てきてから、最初に住んだのが、中野区野方でした。

最寄り駅は、西武新宿線野方駅。

2年ほど練馬区に居たのですが、最寄り駅はやはり野方でしたね。

あ、1度隣の都立家政に住んでたこともありました。

野方に比べ、買い出しには不便な街でしたね…

今は、どうなのでしょうか?
​​

<スポンサーリンク>


彼女と出会った場所は、野方駅近くにあったおでん屋です(笑)
よく、店が閉まった後、店のおばさんと3人で飲んだものです。

自分は、音響効果。
彼女は、舞台関係です。

以前の職場も、お互い、麻布十番にあり、すぐに意気投合しました。

自分が2歳年上で、出身地もお互い関西。
自分は神戸で、彼女は宝塚でした。

結婚して14年。

2011年の12月7日、中野区役所に離婚届を提出しました。

しばらくして、彼女は高円寺に。
自分は、今住んでいる東中野に引っ越ししたのです。

離婚したと言っても、週に1〜2度は会ってたかな。
近況報告なども兼ねて、高円寺か東中野の居酒屋で飲んでましたね(笑)

そんなに会ってるのに、何で離婚したかって?

“…不思議ですよね”

ただ、出会って結婚したのが、僅かに3ヶ月ほど。

彼女の事を何一つ分からず、勢いだけで籍を入れたのです。

なので、

“今一度、考えて見ようかと”

それでお互いが必要なら、もう一度籍を入れれば良いのではないかと。

そう思ったのでした。

はっきり言って、これは自分の

“我が儘”

です。

しかし、これが彼女を追い詰めることに…

彼女は、自分と離婚してから、新宿にあるKD◯Iビルで働き始めました。

a◯のiPhoneのお客様サービスセンターです。

しばらくして、Androidも掛け持ちになりました。

ご存じだと思いますが、
1機種のiPhoneに対して、Androidは数機種。

しかも、製造メーカーにより、入っているOSやアプリが違っていたりします。
かなり苦労したようでした。

お客様より、“ショップ”からの電話が多いと言っていましたね。
ま、ショップの店員なんて何も知りませんから(笑)

しかもしょっちゅう携帯料金の変動があり、憶えるのが大変だとも言っていました。

そんなある日のこと。

2013年9月10日です。
自分は、MAで赤坂にいました。
夕方、知らない番号から着信が。

その時の日記です。

「人生いろんな出来事がある。

今日、MA中に知らない番号から電話が掛ってきた。

その前、地下鉄に乗ってた時も掛ってきたのだが、
それは“中野区役所国民健康保険課”からと留守電で分かっていた。

今回は、携帯電話の番号からだ。

取るつもりはなかったのだが、携帯からだったので、ついつい繋いでしまった。

声は智◯子。

全く元気のない澱んだ声。

一瞬、またか!w
なのだが、

今回は

“クモ膜下出血”

である!

おいおい、それはマズイだろ!

挨拶もそこそこに急いで入院先の国際医療センターに向かう。

場所は大江戸線若松河田駅。
千代田線赤坂→国会議事堂駅で丸ノ内線に乗り換え、
新宿駅から大江戸線新宿駅まで乗り換えのため10分ぐらい歩く。
大江戸線新宿駅から都庁前駅まで行き、飯田橋方面に乗り換え若松河田駅で降り、徒歩約10分。

思ってた以上にめんどくさいw

西棟6階966号室に。

倒れたのは9月5日の夜、KD◯Iビル内のa◯エ◯ルバでだ。

職場で倒れたのが?幸いしたのか症状は軽いらしい。

が、左半身が動かない。

手術をするかどうかは、3日後ぐらいに決めるらしい。

手術をしないのならば、大阪の病院に転院してリハビリするとか。

どうして、彼女ばかりに不幸が訪れるのか?

一生懸命に生きてる人間を何故神様は襲うのか?」

“一瞬、またか!”
と、書いてますね。

彼女は、あまり体が強くありませんでした。

いや、自分と結婚した時は、そうでもなかったのですが。。。

2009年に

“膵臓炎”

で、膵臓を半分ほど摘出手術をしました。

ただ、この“膵臓炎”がなかなか特定できず、
何度も違う病院に入院したものです。

執刀医も
「開けてみて(お腹を)、初めて分かった。
他の病院も気づかなかったのは仕方がない」
と、言ってましたね。


<スポンサーリンク>


その2年後、今度は自分に不幸が襲いました。。。(笑)

9月12日の日記です。

「“風立ちぬ”を見終わった。

本編途中から涙が止まらない…
そんなに泣く作品じゃないのにな〜
ちくしょう。

早く元気になって、また口喧嘩しようや」

書いてて思い出しました。

そう、始まって直ぐに涙がこみ上げてきたのです。
しかも、“ううう”と声も。

抑えようと必死に堪えましたが、無理にすると余計に声が漏れてしまいます。

生まれてから、こんな経験は初めてでした。

この映画のテーマ曲である荒井由実の

“ひこうき雲”

https://youtu.be/9HInQDjCCRc

が流れた時は、もうどうしようもなく涙で、顔がくしゃくしゃになったのです。
今でも、この曲を聞くと辛いですね。

9月19日の日記です。

「今朝見た変な夢。
俺がタン(牛?)を切って智○子に渡すの。
で、彼女が焼いてるんだけど、塩が欲しいと。
瓶に入った塩を渡すんだけど、その隙にガジ※がお皿舐めるのよw
仕方ないなー、この馬鹿猫がw
て、気にしない様子。
なんか、ロナ※もいた雰囲気だけど、すごく皆んな幸せなんだわw
ずーっと、このままでいてほしい。
…
と、ユーミン聞いて書いてますw
お、「卒業写真」始まった」

※飼い猫の名前です。
“初めての検診で。”のブログを参照
http://moumakuhakuri.com/moumakuhakuri/moumaku-005

9月21日の日記です。

「今日の晩御飯は久々に唐揚げ。
なかなか美味しかった、ご馳走様w

昨日、智○子の見舞いに行ったのだが、
転院は30日の予定だそうだ。

場所は神戸市北区の恒生病院。
神鉄※で道場駅だと思う。

一日でも早く元気になってほしいが、多分、もう会えないだろうな…」

※神戸電鉄のことです。

彼女とは、この年の11月以降、会っていません。

ただ今でも時々、ラインをしています。

ラインには、左半身が錘(おもり)のように重いと。。。

“恒生病院”のあと、名古屋の病院に転院しました。
それから、西明石の“総合リハビリセンター”へ。

基本的に障害者は、それ以上、良くはならないと判断されたら、3ヶ月を目処に、その施設から出されます。

大変きついリハビリだったと思います。

“そんなのに比べれば、自分の左目なんか!”

と、辛いときに思うようにしています。

彼女は現在、兵庫県宝塚市で、仕事をしています。

しかし、左半身は戻ってきていません…

​​

<スポンサーリンク>

デンカビッグスワンスタジアム(​スタジアム巡り その3)

 

​デンカビッグスワンスタジアム

アルビレックス新潟のホームです。

収容人数は、42,300人。

2002年日韓ワールドカップを開催するにあたり作られた陸上競技場です。

ここでは、
グループリーグ3試合が行われました。

6月1日アイルランド vs カメルーン(1-1)
6月3日クロアチア vs メキシコ(0-1でメキシコの勝ち)
6月3日デンマーク vs イングランド(0-3で、イングランドの勝ち)

また、その前年には、FIFAコンフェデレーションズカップ2001が行われています。


<スポンサーリンク>


当時の愛称である

​“ビッグスワン”


は、2001年3月に完成。

自分は、2回ほど行きました。

陸上のトラックがあるのですが、意外と見やすいスタジアムです。

また、ヴィッセル神戸に取っては鬼門です(笑)

何故か、ここでは勝てません…(泣)

いつも、満員のイメージがあります。
噂では、かなりのタダ券をばらまいてるとか。

本当かな…

それより、今年はやばそうです。

2004年、J1に昇格して以来、幾度の降格危機がありましたが、いよいよかも…

しかし、ここのスカウトの目利きは凄い!
連れてくるブラジル人は、全て当たりでした。

今年は分かりませんが…

そういや、ヴィッセルにいたオゼアスも新潟に移籍しましたね。
懐かしいです(笑)


<スポンサーリンク>


アルビレックス新潟は、J2オリジナル10の1チームです。

1999年に出来た、Jリーグ ディビジョン2に参加(現在のJ2ですね)しました。

新潟明訓高校のOBが中心となって創設した

​“新潟イレブンサッカークラブ”


が全身だそうです。

明訓高校と言えば、

​“ドカベン”


ですね。

作者の水島新司さんは、新潟県出身。

そこから拝借したのですね。

ガキの頃、水島新司さんの野球漫画は大好きでした。

だって、

​阪神タイガースのネタが多かったもん(笑)


「男どアホウ甲子園」の藤村甲子園

「野球大将ゲンちゃん」の力道元馬

「野球狂の詩」の王島大介や力道玄馬

などなど、

特に「野球大将ゲンちゃん」が好きだったな〜(笑)

あ、岩田鉄五郎が滅多打ちされたお話の対戦相手は、タイガースでしたね。

水島新司さんと言えば、
「あぶさん」なんでしょうけど、自分は、タイガースを描いてくれた、これらの漫画を熟読していました。
でも、小学生3年の時、「あぶさん」に影響を受け、南海ホークスの緑色の野球帽を被ってましたわ(笑)

上越新幹線から、スタジアムが見えます。

JR新潟駅からバスで4キロ。
時間にして、20分ほどです。

試合後、帰りのバス中で貧血なのか?
倒れた人がいました。

ぎゅうぎゅう詰めもどうかと思いますね。

隣に出来た野球場 “HARD OFF ECO スタジアム新潟”です。 「ヤクルトはもうダメだ、新潟に移転するしかないorz」 ってやつですね(笑)

自分は泊まった翌日にバスで

​“マリンピア日本海”


という水族館へ。

イルカのショーを見たり、“ペンギンの体についての”いきもの教室に参加したりで、
有意義な時間でした。
(あ、ちなみにペンギンにはさわれません…)

新潟駅近くのホテルに宿泊したのですが、信濃川に架かっている萬代橋を渡った辺りが市内の繁華街なのでしょうか?
あまり、下調べをせずに行ったので後悔した記憶があります。

2回目に行った時は、遊ぶ時間がなく日帰りでした(泣)

山形、仙台もですが、新幹線で日帰り出来ちゃうのも凄い時代ですね。
逆にサラリーマンが可哀想です(笑)




<スポンサーリンク>


2001年だったかな?

静岡の地方局でワールドカップ関係の仕事をしたことがありました。

その時、出来たばかりの
“ビックスワンスタジアム”を取り上げました。

どんな内容だったか憶えてないや…(汗)
てか、地方局だったので、東京では放送されなかったと思います。

この番組を演出してたディレクターが、なぜか
アルビレックス新潟のサポになったのです(笑)
本人は、鹿児島出身なのに。

それだけ、魅力があったと言うことなのでしょうか。

今年初め、その方の車で自宅近くまで送ってもらったことがありました。

自分
「今年は、厳しそうですね」

ディレクター
「うーん、Wシルバが取られたからね…
でも、何とかなるんじゃないの」

​何とかなりそうな雰囲気ではなくなってきました。。。


ヴィッセルとは、9月30日に試合がありますね。
行きたいな〜
これを逃したら、しばらくは、このスタジアムで見れ…

ゴホン、ゴホン。

​アルビサポの方、ごめんなさい。

​(≧▽≦)

​​



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

※お断り
本サイトで提供する写真は全て2007年6月と2008年9月に撮影されたものです。

2017-09-13

人生終了!(笑)

「○○さん」

女性の看護師に名前を呼ばれ、カーテンの奥に入って行きます。

自分の前に診察されてる方がいたので、入って右横の丸椅子に座るよう指示が。

手荷物は、左手にある青い籠に預けます。


<スポンサーリンク>


自分の担当医はN先生。
副院長です。

大きめのマスクをしているので、よく顔は分かりませんが、ちょっと岸谷五朗に似ている感じ。
歳は、45歳前後でしょうか。
まあ、この辺は適当です(笑)

さて、前の方が終わり、自分の番が来ました。

まず、先生に名前を言います。

そして、診察用の丸椅子に腰掛けます。

N先生は、軽くカルテを見終えて、少し高圧的に、そして怒りを押さえる声で

N先生
「東○医大ね…、あそこ、やぶだから」

自分
「は?」←心の声です。

N先生
「あそこの○○って、教授知ってる?」

自分 
「名前は分かりませんが、教授だったら1度見てもらいました」

そう、確か、15階での検診時、大勢の研修医を連れて来たのを覚えています。
自分の目をモニタに映して研修医に

「この部分は何という?」
「じゃ、これは?」

てな具合で教授してました。

N先生
「あの人、○○○○だから!」

自分
「ひ?」

N先生
「先週もね、あいつと電話で喧嘩したんですよ」

自分
「そ、そうなんですか…(汗)」

N先生
「あの病院は行っちゃダメだよ」

自分
「だ、ダメと言われても…(泣)」←心の声です。

そんなこと、もっと早く教えてください!

ライトを充てて左目を倒像鏡を使い検査します。

「右を見て下さい」
「右上を見て」
「今度は、上」

て、感じで一通り検査したあと、再びカルテに目を通して

N先生
「う~ん!眼内レンズの位置が少しズレてるな」

ヒイィィィ←心の声です。

N先生
「・・・」

え、やっぱりダメなの!失明なの?←心の声です。

N先生
「厳しいですが、とにかく、やるだけやってみましょう」

と言われ、再び3番の部屋に戻り検査をします。

この時は生きた心地がしませんでした(笑)

多分、顔面蒼白だったのかも知れません…

で、何をどうしたかなんて、これっぽっちも覚えて無いんですわ(笑)


<スポンサーリンク>


時間は、15時半を回っていたと思います。
そういや、朝から何も食っていません。
でも、食欲が一切沸きません。
当たり前ですね(笑)

待合室には、殆ど外来患者さんは居なくなりました。
居ても会計を待っている人たちです。
黒い長椅子に独りぽつんと座わります。
最終話、コーナーポストの前に座ってる
“矢吹ジョー”同様、頭を垂れていました。。。

頭の中が真っ白です

さっきまで、あんなに活気があった2階ですが、
受け付けに置いてあるPCのキーボード音と大量のカルテを片す音、
そして看護師さん達の小さな話し声と足音のみが聞こえます。

視力検査室も片付けに入り出しました。

目に異常をきたしてからの事が走馬灯のように頭の中を走ります。

新井薬師の眼科から、紹介された大学病院での2回の手術。
それが、一切の無駄だったのです。
いや、無駄と言うより、いい実験台にされてたのかも知れません。
今思えば、2回目の手術の時、録画してたはずのカメラが止まってるとか、なにかを隠したかったのでしょうか?

唖然としている所へ、再び名前が呼ばれ、奥の診察室へ。

N先生は、カルテを見ながら、

「はっきり言って、医療ミスですね」

自分
「そ、そうなんですか…」
「遺伝的に網膜が、くっつきにくい言われたのですが…」

N先生
「そんなことありませんよ(苦笑い)」
「しかし、ここまで網膜をぐちゃぐちゃにするかな…」

後は、何を言われたのか…

記憶が部分的に飛んでいます。

手術をする前に承諾書にサインしているので、裁判を起こしても勝てる見込みはないと言われました。
後、大学病院は、裏で病院同士が連んでいるのと強力な弁護士を抱えてるので勝つのは厳しいかと。

一通りカルテを見たN先生

「非常に難しいオペになるけど、頑張ってみましょう!」

と。

“残念ですが、これ以上は無理です”

と、言われるよりは、少しは前向きな気持ちになりました。

ただし、一つ条件が。

“東◯医科大学病院のカルテを早急に持ってきてほしいと”

通常、カルテの開示には1週間ほど掛かるそうです。
ただ自分の場合は時間との戦い。
明日にでも行って持ってきてほしいとのこと。

もし、先方がぐずぐず言うのなら、

「ウチの名前を言って、この写真を見せなさい!」

と言われ、OCT(眼底三次元画像解析)で撮った網膜のカラー写真のコピーをもらいました。

網膜剥離している箇所からの穴が広がりだしたのか、若干、眼球が萎んで来ています。

水が入ってパンパンに膨らんだ風船から、徐々に水が、漏れ出して縮んでいく感じですね。

触ってみると右目と比べて、小さくなっているのが分かりました。

先生からも、
「あまり、左目を弄らない方がいい」
と言われました。

もう、最悪です。

お金が無いとか、痛いとか言ってられません。

兎に角、カルテです!

17時、重い足取りで眼科を後にしました…

どうやって帰ったのか、何をどこで食べ、何をしたのか、さっぱり記憶にありません。
ただ、ぼーっとしていたのでしょう。

一層のこと、電車に飛び込もうかと(笑)

帰宅してから、日記も書いていませんね。

それほど、心に余裕が無くなったのかも知れません。

翌朝8時30分、大江戸線に乗り、都庁前駅に。
カルテを開示しに東◯医科大学病院に向かいました。





今日は、ここまでです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
2017-09-12





<スポンサーリンク>

埼玉スタジアム2002(​スタジアム巡り その2)

​埼玉スタジアム2002

ここも、“ノエビアスタジアム神戸”と同じく、
2002年日韓ワールドカップに合わせて作られたスタジアムです。

球技専用競技場で収容人数は、

63,700人!

日本代表が開催されるスタジアムでも有名ですね。
国内の球技専用競技場としては最大数の観客が入ります。
毎年、元日に行われていた天皇杯の決勝ですが、
国立競技場が使用できないため2017年度の第97回大会では、決勝戦の会場になっています。

うちのクラブは、いつ決勝戦に行けるのでしょうか…

Jリーグでは

“浦和レッドダイアモンズ”

のホームでもあります。
一時期、大宮アルディージャのホームでもありました。


<スポンサーリンク>


近場の駅は、埼玉高速鉄道の浦和美園駅。

自分の場合だと、飯田橋から東京メトロ南北線に乗って40分ぐらいですかね。

浦和美園駅から、歩いて20分ぐらいで到着。
動線の関係なのか、かなり歩かされます。

屋台が豊富に出ているので、飲食に困ることはないでしょう。

駅前からシャトルバスが出てるので、歩くのが嫌な人は、そちらでどうぞ。

「工場萌え」なので、こういうのを見たらワクワクします(笑)




<スポンサーリンク>


サッカー専用だけあって、とても見やすいですね。
欲を言えば、もう少し傾斜が欲しかったかな。


しかし、

“横浜国際総合競技場 ”

と比べれば、雲泥の差。

レッズサポで無くても、1度は訪れたいスタジアムですね。
また、レッズサポが作るコレオグラフィーは一見の価値ありです!

“We Are Reds ! ”

関西出身の自分は、阪神タイガースのファンでもあります。
迫力あるレッズの応援は、阪神タイガースのと似ている感じがします。

西の

“タイガース”

東の

“レッズ”

いつも圧倒されますね。
その低音から繰り出されるチャントは非常に歌いやすく、いつの間にか
自分もリズムを取っている時があります(笑)

やはり、チャントは外国語を使うより、シンプルな日本語の方が頭に残りますね。

この辺は鹿島アントラーズと同じかも知れません。


<スポンサーリンク>


あ、浦和レッズの全身である三菱重工業サッカー部が神戸市にあったのを知っていましたか?

1950年に神戸市にて、中日本重工業サッカー部として創部されたのです。

実は、レッズなのですが、当初は神戸市をホームタウンにする計画で交渉が続けられていました。
その交渉が破断になり、今の浦和市になった経緯があります。
この後、全日空やヤンマーも神戸市と交渉したのですが、これも破断。
その後、神戸市は岡山県倉敷市にある川崎製鉄サッカー部を誘致したのです。

これが、​

“ヴィッセル神戸”

の前身です。

もし、当初の計画通り、レッズのホームタウンが神戸市に
なっていたら、今頃はどうなっていたのでしょうね…

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

2017-09-11

深作眼科へ。

横浜へは、総武線で新宿まで行き、そこから湘南ライナーで1本です。

湘南ライナーは、Jリーグ、川崎戦フロンターレ戦や横浜F・マリノス戦、湘南ベルマーレ戦を見に行くので使ったぐらいです。
あ、そうそう、その前年、友達が桜新町で結婚式を挙げました。
その2次会を取り仕切りました。
使用するのは、年に数回ぐらいです。

それが、これから月に数回利用するとは、この時点では、思いませんでした(笑)

東京にお住まいの方ならお分かりだと思います。

そう、朝の新宿駅の混雑です!



<スポンサーリンク>


総武線から降り、湘南ライナーの走るホームまでは、少し歩かなければなりません。
エスカレーターか階段で上から行くか、下から行くかは自由なのですが、なんせ見えるのは、片目だけですので、
どうしても、バランス悪く人に当たってしまいます(笑)

これはきつかったな〜

一応、左目には白い眼帯をしてるのですが、そんなことはお構いありません…
平気で左肩が当たります(笑)
何とか湘南ライナーに乗ります。
めちゃ混みです!
横浜駅に着くまでに、既にバテていました(笑)

 

深作眼科のホームページによりますと、横浜駅からシャトルバスが出ているとのこと。
シャトルバスの乗り場まで歩きます。
と、言っても数分の距離でした。
某信託銀行の前に停まります。

乗って、10分も掛かりませんでした。
病院前に到着。

で、それを見上げますと、本当に病院なのかよ?
という、面構え(笑)

本当に、眼科?

まるで美術館に来たみたいです。

受付と診察室は2階。

階段を上がって、2階まで来ると、そこは、

人、人、人

だらけでした!

凄い光景です。

人が溢れかえっているのです!

しかも、中に入れず、受付外にまで。

2階から3階に上がる階段にまで人が座ってるではないですか!

 

「ほぉ…!はっはぁ!見ろぉ!!人が◯◯のようだ!!!」

 

と、ムスカ大佐ならきっと言うでしょう(笑)

時間は、まだ朝の8時半過ぎ。

熱気が凄いんです!

ここは、一体どこなんや!!(笑)

そして、この眼科の正体とは?

少し大袈裟に書いてますが、これが最初のインスピレーションです。

もしかしたら、ここなら大丈夫かも?

電話で予約の時、言われてた初診問診票を書いた紙を渡します。
これは、当日でも構わないのですが、PDFファイルをダウンロードして書いておきました。
その方がスムーズに運ぶと思ってです。

2階ですが、1階から階段を上がった正面に受付、それを右手に診察室。
左手は、90人ほど座れる待合室。
待合室の奥が視力検査室になります。

2階の見取り図です。

8時半過ぎに受付を済ませたのですが、なかなか声が掛かりません。

待合室が一杯なので、3階に上がる階段に座って待機します。

この人集りですからね。

一体、何時になることやら…


<スポンサーリンク>


11時近かったでしょうか。
やっと名前が呼ばれ、1番の長椅子に座ります。
そして検査室へ。

焦点検査と目の表面に軽く風を当てて眼圧を測って、
再び待合室にて待機。

再び、名前が呼ばれ2番の長椅子に。
今度は、視力検査です。
「字ひとつ視力検査」も行ったのですが、よく見えませんでした。

それが終わったら、3番の部屋に。

この部屋には、
OCT(光干渉断層計)や眼底カメラ、視野検査などの精密機器が置かれてました。

部屋に入って直ぐ右手に長椅子があり、そこで一旦待機します。
そして、それぞれの器械で検査をしていきます。

前回、前々回と手術した大学病院には、無い器材もありました。

検査してくれるのは、女性の看護師。

「検査するのに、こうしてほしい」

などと注文されるのですが、目の前は暗く思うように行きません。

奥の方に、写真を現像するような薄暗い部屋があり、そこに通されました。

左目を充て、
緑だったか、白だったか、忘れましたが、

「光が目の前を通過したら、ボタンを押してください」

と、言われたのですが、殆ど見えませんでした…

7〜9台くらいの器械があったと記憶しています。

全ての検査では、目の痛みは無かったのですが、
初めての検査なので若干の怖さはありました。

あ、採血もその部屋で採りましたね。

一番痛かったのが、この採血かも(笑)

血圧も同時に測りました。

時間にしてどれくらい経ったのでしょうか?
お昼の時間は、とうに回っていましたね。

一通りの検査が終わり、待合室に。

その頃は、ポツリポツリと待合室の長椅子は空いてきていました。

不安が過ぎります。

しばらくして、受付右手の診察室に来いと、アナウンスされました。

診察室の手前で名前を言ってカルテと確認。

両目に眼孔を開く点眼剤を指します。

そして、奥へ。

3つの厚いカーテンに囲まれた前の長椅子に座ります。

それぞれ、カーテンには、その奥にいる先生の名前が書かれたプレートが掲げられていました。
自分は一番奥の長椅子に座ります。

しばらくすると、看護師さんがペンライトで両目をチェック。
足りないということで、2回程同じ点眼剤を挿されました。

それから待つこと、15分ぐらい。
やたら時間が長く感じました。

カーテンが開き、看護師さんから自分の名前を呼ばれました。

いよいよ、先生の診察です。

今日は、ここまでです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2017-09-10



<スポンサーリンク>

ノエビアスタジアム神戸(​スタジアム巡り その1)

​スタジアム巡り。

1回目は、当然、ヴィッセル神戸のホームスタジアムである

“ノエビアスタジアム神戸”

です!

略して

“ノエスタ”

収容人数は、34,000人です。



<スポンサーリンク>



2002年の日韓ワールドカップに合わせて建造されました。

その後、2003年に改修をし、屋根付きの全天候型スタジアムになったのです。

ここ、神戸では、

1stラウンド

6月5日にロシア vs チュニジア (2-0でロシアの勝ち)
6月7日にスエーデン vs ナイジェリア (2-1でスエーデンの勝ち)

2ndラウンド

6月17日にブラジル vs ベルギー (2-0でブラジルの勝ち)

が行われました。

天候が良い日は、屋根を開けますが、

雨の日は、屋根を閉めます。

 

当初、2002年日韓ワールドカップは、須磨区にある、既存の“神戸総合運動公園ユニバー記念競技場”を改修工事して使用する予定でした。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場は、陸上競技場のため、トラックがあります。
今はもう無き、国立競技場に似せて建造されたのですが、サッカー観戦には不向きでした。

ヴィッセル神戸も、ノエスタを使う以前は、ここをホームにしていました。

懐かしのスチュワート・バクスター監督です。

彼が今のヴィッセルを率いてたなら、どんな采配を執るのでしょうか?興味がありますね。

今でも、ノエスタの芝生を張り替える期間中、数試合、ここで開催されています。

ノエスタは、構造上、芝生が育ちにくいのです。

何とか日照を良くするため、上段をガラス張りにしたのですが、思ったほど効果は期待出来ませんでした。

個人的に思うのですが、日照よりも風通しが悪いのではないのでしょうか?

夏場は、枯れた芝生に足を取られる選手が多く、怪我をするんではないかとヒヤヒヤものです。

ガンバ大阪の遠藤選手にも軽くディスられる始末…

 ピッチに足を踏み入れた選手たちの表情が、困惑から安堵へと変わっていった。芝がはげて土がむき出しの部分はあるが、ボールを蹴れば真っすぐに転がる。香川は「意外といい。ボールをつなげそう。スタイルを変えずにやりたい」と声を弾ませた。
遠藤(G大阪)は「オシムさん(元監督)時代にやったイエメンの方がひどかった。(J1)神戸もこんな感じだったし、想定内」と話した。

 

昨年(2016年)なんか、ヴィッセルのオーナーである三木谷会長に苦言を言われ、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場に急遽、会場が変更される事態にまでなりました。

ただ、来年からは、

“ハイブリッド芝”

になる予定です。

その神戸総合運動公園ユニバー記念競技場ですが、
市内から離れているため、夏場の試合では、ハーフタイム中、花火が打ち上げられたりします。

直ぐ近くには、神戸総合運動公園野球場があります。
元オリックスの本拠地ですね。
(現在のネーミングライツは、ほっともっとフィールド神戸)
今でも、数試合はここで開催されています。

しかし、いかんせん陸上競技場。
サッカー観戦には不向きと言わざるを得ませんでした。
そこで、新たに出来たのが、神戸ウイングスタジアム。
ネーミングライツを適応してますので、
“ホームズスタジアム神戸”から現在は、“ノエビアスタジアム神戸”に名称は変わっています。
(2017年現在)

当然、自分はヴィッセル神戸のサポですので、一番観戦しているスタジアムです。

スタジアムには、地下鉄海岸線の利用が便利かと思います。

三宮・花時計前駅から海岸線に乗ります。

ノエビアスタジアム神戸は、日本女子サッカーリーグに所属する​“INAC神戸レオネッサ”とジャパンラグビートップリーグ に所属する​“神戸製鋼コベルコスティーラーズ”のホームでもあります。

下車駅は“御崎公園駅”か“和田岬駅”

“御崎公園駅”の方が、スタジアムに若干近いと思います。

しかし、試合当日は混むので、自分は“和田岬駅”を利用しています。

また、駅の近くには“和田神社”があり残留争いの時には、お参りに行きました(笑)

結果は、サンフレッチェ広島に負けて降格でしたが…

 

あ、そうそう、兵庫駅から単線の“和田岬線”が出ています。

いつ、廃線になるか分かりません。。。


<スポンサーリンク>


スタジアム見学会もあります。

2007年に参加した時の写真です。

自分は現在、東京在住なので、最近は中々行けていませんが…

しかし、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキが加入したので、7月31日の大宮アルディージャ戦は、久しぶりに見に行きました!

ポドルスキの2ゴール等で3-1の勝利!

アウェーでの勝利もいいですが、

やはりホームでの勝利は格別ですね!

ただ、2年半ヴィッセルを引きいてきた、名将、ネルシーニョ監督が更迭されるなど、クラブ内は、あまりいい雰囲気ではありません。
しかし、必ずやJ1に踏み留まり、来季こそは上位に顔を出すと願っています!

*ヽ(*´∀`*)ノ*。.:*

てか、まだまだ今シーズンは続くのですが…(笑)

また、試合終了後には、

“ミサキガーデン”

と言う簡易な立ち飲み場が、広場に出来ます。
ビール、酎ハイのアルコール類。
焼きそば、焼き鳥などの軽食など、敵味方関係なく飲めるのは素敵な事ですよね。
混雑時には、ここで時間潰しもありです。
アウェー観戦の皆さんも、時間が許せば、顔を出してみるのもいいかも。

ラグビーではありませんが試合終了後は、ノーサイド。

和気あいあいと楽しんじゃいましょう!



地下鉄1本で繁華街の三宮に出れますので、飲む事に関しては心配ご無用ですよ!(笑)

三宮には、JR、地下鉄の他、阪急、阪神があり、大阪、京都など行くのに便利です。

飛行機を利用するなら“神戸空港”があります。


空港から三宮まで結ぶポートライナーの遅さにはイライラしますが…(笑)

泊まった翌日には、
異人館や元町南京町など遊び場も豊富。

自分のオススメは、“ニューミュンヘン”の唐揚げですね。

ポドロスキに会えたりして(笑)

明石名物の卵焼き(明石焼き)も三宮で食べれます。
自分のお気に入りはセンター街地下にある“たちばな”です。

 

JR神戸駅近くにあるハーバーランドも小さいながら遊園地や遊覧船などがあり、面白いですよ!

明石海峡大橋が見えます。左は淡路島です。

神戸空港に降り立つ日航機。

何れにせよ、神戸は、山あり、海ありで、楽しい街です。
もし、時間に余裕があるのなら、ゆっくりと観光などいかがでしょうか?
きっと、気にいっていただけると思います!


<スポンサーリンク>


アウェーゴール裏の売店です。

アウェーゴール裏から。

秋のノエスタ。

ヴィッセルサポも知らないかも。 ノエスタの奥に行けば、神戸市電を見ることが出来ます。 自分も乗った記憶が微かにあります。

チームバスです。

ヴィッセル神戸のマスコット“モーヴィ”です。

運が良ければ、彼のサインが貰えるかも!?

メインスタンド2階のパノラマ席からです。 ここは普段開放しません。 もったいないな〜

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

2017-09-09

深作眼科へ診察の予約をしました。

7月25日の日記からです。

「来週28日の朝8時に来てほしいと。
病院は、横浜なので、7時前には家を出なくては行けない。
多分、次の日に手術なんやろうな。
3回目となると慣れるより、正直怖い。
なんでこんなことに時間潰さなあかんねん。
しかも今までに掛かった経費は40万円を越える…
どうやって支払っていこうか。
お先真っ暗とはこのことだ。
(いや、実際、左目は真っ暗なのだが…)
先のことを考えてもしゃーないとは思うが…
8月に入るとなにかしら好転してくれるのだろうか?
去年のこの時期も最低やったけど、今年は尚更酷い。
夢もへったくれもねえよなw
ポジティブに生きたいが…
あ、一昨日、数カ月ぶりに髪をカットした。
それだけw
今、誰かに会ったらグチグチ文句ばかり言いそうだ。
良かったよ一人で。
左目の状態もだが、この先不安で怖いよ…」



<スポンサーリンク>



7月26日の日記です

「数時間前にスタジオ◯から帰ってきた。
かなり飲んだのかな?
まあいいや。
合鍵をママに渡してきた。
検査まであと3日。
誰かと話したいのは変わらず。
ストレスが溜まってる?
たぶんね。
でも出たとこ勝負やから。
とにかく7月で終わらせたい。
いろんな意味で俺の集大成やから。
勝つか負けるか、引き分けはないよ!」

なんか、カッコいい事を書いてますな(笑)

合鍵を中野ブロードウェイの地下で作って、ママに渡してます。
今までは、郵便ポストの裏手に鍵をテープで貼っていたのですが、
3度目となると、さすがにそうは行きません。

7月27日の日記です。

「昨日はスタジオ◯。
今日はさっきまで新井薬師のお◯の◯に。
一応、現状報告で。
さて、明日は横浜に診断。
早ければ水曜日には手術だろう。
3回目。
不安やし怖いね。
でも、克服せなな。
現実は酷や。
7月も、もう少し。
来月からは運気も変わるのか?」
​ 


<スポンサーリンク>


​ 

7月28日の日記です。

「さあ、今日は横浜だ!
初めての病院や!
どうなる、おれ!?
不安で一杯やね。
何事も人生は、ポジティブに考えようや。
殺される訳やないし、死ぬ訳やないもんな。
ちょっとだけ明るい未来に行こうぜ!」

洗濯も終え気合十分です!(笑)

さて、どのような事態が待ち受けていたのでしょうか!?

またもや

“ターミネーター”の音楽が鳴り響きます(笑)

今日はここまでです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2017-09-09




<スポンサーリンク>