高山選手について

​以前のブログにも書いたのですが、
高山選手が出場したプロレスのDVDは、何本か仕込みました。
​ 
​ 


<スポンサーリンク>


​ 
​ 
プロレス?以外でも安生洋二選手が中心になったザ・ゴールデン・カップスのDVDも(笑)

ザ・ゴールデン・カップスとは、

https://ja.wikipedia.org/wiki/ザ・ゴールデン・カップス_(プロレス)

今思えば、あれはなんやったんやろ…

そうそう、高野俊二選手でも1本作りましたね。
(お兄さんは、ザ・コブラのジョージ高野選手でした)

ダチョウ倶楽部のリーダー、肥後 克広さんがナレーションを担当しました。

で、ディレクターからの要望は、

“森本レオの物まねで読んでほしい(笑)”

とのこと。

自分は、当時、ミキサーも兼ねておりました。

で、その第一声が、

“森本レオ”

そのものでしたね。

自分や助手含め、ディレクター、プロデューサーは大爆笑でした!
さすがは、プロです!

あ、ごめんなさい。

高山選手のことです。

診断によると、「頸髄完全損傷および変形性頚椎症」

事故当時の写真をネットで見ました。

いやー、酷いわ。
プロレスラーですから、怪我や事故はつきものですし、
それは、試合をやっている当人達は当然、分かっている筈です。

自分が酷いと思ったのは、

まず、リングドクターが居ないことにです。

インディーだから仕方ないのでしょうか?

しかも、倒れた高山選手に対して、レフェリーが無理に起こしています。

この処置はどうなんでしょうか?

そして、そのまま、リングの端まで持っていき、レスラー数人で運ばれています。

もう、無茶苦茶ですね!(怒)

救急隊が来るまで、頭を動かさないのが普通だと思うのですが…
ほら、事故とかで、頭から落ちた場合は、無理に動かすなって言うでしょ。
このレフェリーは、何を考えて、こんな行動を取ったのでしょうか?
​ 


<スポンサーリンク>


​ 
いろいろ調べてたら、
この試合の後に、アイドル歌手?が、リングに上がり歌う予定だったそうです。
ギャランティの関係なのか?
ケツカッチンだったのでしょうか?

レフェリー的には、とっととリングから降ろして次に移らなければ…
との焦りがあったのかもしれませんが…

2014年3月30日、東京ドームで行われた
巨人vs阪神戦でのこと。

4回裏、巨人の大竹投手の打ったフライに対し、セカンドの西岡選手とライトの福留選手が交錯しました。

その衝撃で、西岡選手は頭から地面に落ちたのです。

西岡選手は、ピクリともしません!

この時の映像は、YouTubeにあります。

“西岡 怪我”

で、検索すると、ヒットします。

そして、その時の応急処置にあたった阪神のトレーナーは絶賛されました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/doimayumi/20140701-00036899/

彼のようなレフェリーなら、高山選手は首から下が麻痺するような事はないし、
呼吸をするため首に穴を開け、
栄養を取るため鼻からチューブを入れることも無かったのかも知れません…

残念でなりません。

2017-09-07
​ 
​ 


<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください