入院2日目です。

今回から「網膜剥離」の続きを書いていこうと思います。
また、どこかで脱線するかも知れませんが。。。




<スポンサーリンク>




2015年6月5日 金曜日。

入院2日目です。
自分は6人部屋。

入って、直ぐ右側のベッドです。

一日は、朝の6時から始まります。

6時に起床。

6時半頃に看護師さんが、体温と血圧を計りに病室を巡回します。
それと同時に点眼剤も置いていきます。

7時に朝食。

同じフロアにある、面談も出来る休憩所で食べても、部屋に持ち帰っても、どちらでも大丈夫でした。
自分は、休憩室で食べてましたね。

8時から検診が始まります。

これも同じフロアですから、この階は眼科の患者だけなのかも知れません。
そんなこと、全然気にしてませんでした。

顔を洗って、病室で待機してると看護師さんが来て、

「後10分ほどで検診室の前に行ってください。」

と言われます。

で、検診室入口で待機。

しばらくして、中から呼ばれます。
3〜4つの診察机が横に並べられてます。
机の上には器械が置かれ、その奥に執刀した先生が座っています。
患者は、手前に座り、名前を告げます。

最初は、手術をしたばかりで、縫ってることもあり、なかなか目を全開に出来ません。
そこは、先生がグイッと無理やり開かせます(笑)

ペンライトを左目に充てて、

先生
「はい、目を上に向けて。


今度は右ね。

次は下を。


左に向けて。


はい、いいですよ〜」

と。

薄く充血はしてるのですが、手術翌日なので問題は無いとのこと。

次は机に置いてある器機に左目を充てて、検査。

ものの5分くらいでしょうか。

あっという間に終了。

特に痛みは感じませんでした。

診察室の外で、看護師さんに、新しいガーゼをテープで留めてもらい、その上から金属の眼帯を、これまたテープで留めて、病室に戻ります。

そして再び、病室でうつ伏せで寝ます。

日記から。

「入院二日目。
朝から治療。
昼飯後、今度は右目にレーザーを当てる。
集中して同じ箇所に当てるとズキズキと眼球が痛い。
約20分ほどで終了した。
うちにいたら日々の出費など頭痛いことが多すぎるし…w
いい機会だと自分に言い聞かせている。
誰も俺が入院中だと知らないから、面会にも来ない。
これはこれで一抹の寂しさを覚えるが、逆に気楽でいいや。
明日もこんな感じかな。
退院予定は月曜日。
それまでまったりと!」

はい、自分が手術することは、カラオケスナックのママ以外は誰にも教えていませんでした。
理由は簡単

“面倒くさい”

からです(笑)
だって、見舞いに来ていただくのはありがたいのですが、一々説明するのが、かったるいですもん。

 

日記には、右目にレーザーを当てると書いてますね。

 

検査の時、右目も若干、剥離仕掛けてるとの事で、レーザー治療をしました。

この治療は、手術室ではなく、2階の外来で行いました。
視力検査に行く途中に小さな部屋があり、そこで治療します。

レーザー治療とは、

https://allabout.co.jp/gm/gc/301725/

で、レーザーを撃ってくれたのは、昨日の研修医くん。

うーん、大丈夫かな?

その研修医くん、レーザー治療室の人に使い方を聞いてます(汗)
大学病院だから仕方ないのか、やはり不安。

“直接、目にレーザーを充てる!”

当り前ですが、経験のない者にとっては、とっても怖いものです。

右目を器械に固定して、足下にあるフットスイッチを踏むのですが、何故かレーザーが発射されません。
再び、治療室の人に聞いてます。

おいおい、、、(汗)

代わりに治療室の人が撃ちます。

緑色の光が目に!

数発撃って、研修医くんに交代。
今度は、上手くいきました。

最初は問題なかったのですが、数十発撃った所で痛みが。

「う、痛!」(T△T)

そこで、しばらく休憩。

で、数分もしないうちに再開です。

カチカチカチ。

緑色の光がボァボァボァ。

気分が悪くなる人も、たまに出るとか。

「痛てえよーーー!!!」。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

何十発撃ったのか?

途中まで数えてたのですが、そんなことどうでもよくなりました(笑)

ところで、この研修医くん、楽しんでない?

日頃の溜まったストレスをぶつけてるのかも知れません(笑)

時間にして、20分ほどで、無事?レーザー治療は終了。

部屋に帰って、再びうつ伏せで寝ます。

 


<スポンサーリンク>


 

さて、この歳にもなって、

嫁もおらへんのか?

と、お思いの方もいるでしょう。

いや、います。

じゃないや、いました…

2011年12月に離婚しました。。。

結婚したのは、1997年7月ですから、
14年続いたことになります。

この年は、神戸の須磨区で悲惨な事件がありました。

「神戸連続児童殺傷事件」です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/神戸連続児童殺傷事件

自分は神戸出身なので、食い入るように当時のテレビを見ていましたね。
実家に帰っても、その話ばかりだったと思います。

別れた元嫁ですが、彼女も悲惨な運命に見舞われます。
その話は、いずれ。

 

 

さて、入院中の話に戻りましょう。

前回も書いたのですが、トイレ、食事以外はうつ伏せで寝なければなりません。

なので、唯一の楽しみは、食事になります。

何枚か撮った写真がありました。

 

内臓系での入院ではないので、至って普通です。
でも、量が少ないんだわ…(笑)

 

 

6月6日の日記です。

「ここは21時消灯です。
意外とこれが一番きついw
で、消灯から30分経ちましたが、眠気なんかあるわけない!w
​ さて、どうしたものか。
近くに喫煙所があればええんやが、なんせ館内は禁煙。
吸うには隣のヒルトンホテルまで行かねばならん…

昔、鎖骨骨折で入院した○×病院では、ロビーでガンガン吸ってたのにw
これも時代ですかね…
我慢、我慢」

ヘビースモーカーにとっては辛かったようです(笑)

今日はここまでです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2017-09-02




<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください