深作眼科へ。

横浜へは、総武線で新宿まで行き、そこから湘南ライナーで1本です。

湘南ライナーは、Jリーグ、川崎戦フロンターレ戦や横浜F・マリノス戦、湘南ベルマーレ戦を見に行くので使ったぐらいです。
あ、そうそう、その前年、友達が桜新町で結婚式を挙げました。
その2次会を取り仕切りました。
使用するのは、年に数回ぐらいです。

それが、これから月に数回利用するとは、この時点では、思いませんでした(笑)

東京にお住まいの方ならお分かりだと思います。

そう、朝の新宿駅の混雑です!



<スポンサーリンク>


総武線から降り、湘南ライナーの走るホームまでは、少し歩かなければなりません。
エスカレーターか階段で上から行くか、下から行くかは自由なのですが、なんせ見えるのは、片目だけですので、
どうしても、バランス悪く人に当たってしまいます(笑)

これはきつかったな〜

一応、左目には白い眼帯をしてるのですが、そんなことはお構いありません…
平気で左肩が当たります(笑)
何とか湘南ライナーに乗ります。
めちゃ混みです!
横浜駅に着くまでに、既にバテていました(笑)

深作眼科のホームページによりますと、横浜駅からシャトルバスが出ているとのこと。
シャトルバスの乗り場まで歩きます。
と、言っても数分の距離でした。
某信託銀行の前に停まります。

乗って、10分も掛かりませんでした。
病院前に到着。

で、それを見上げますと、本当に病院なのかよ?
という、面構え(笑)

本当に、眼科?

まるで美術館に来たみたいです。

受付と診察室は2階。

階段を上がって、2階まで来ると、そこは、

人、人、人

だらけでした!

凄い光景です。

人が溢れかえっているのです!

しかも、中に入れず、受付外にまで。

2階から3階に上がる階段にまで人が座ってるではないですか!

「ほぉ…!はっはぁ!見ろぉ!!人が◯◯のようだ!!!」

と、ムスカ大佐ならきっと言うでしょう(笑)

時間は、まだ朝の8時半過ぎ。

熱気が凄いんです!

ここは、一体どこなんや!!(笑)

そして、この眼科の正体とは?

少し大袈裟に書いてますが、これが最初のインスピレーションです。

もしかしたら、ここなら大丈夫かも?

電話で予約の時、言われてた初診問診票を書いた紙を渡します。
これは、当日でも構わないのですが、PDFファイルをダウンロードして書いておきました。
その方がスムーズに運ぶと思ってです。

2階ですが、1階から階段を上がった正面に受付、それを右手に診察室。
左手は、90人ほど座れる待合室。
待合室の奥が視力検査室になります。

2階の見取り図です。

8時半過ぎに受付を済ませたのですが、なかなか声が掛かりません。

待合室が一杯なので、3階に上がる階段に座って待機します。

この人集りですからね。

一体、何時になることやら…


<スポンサーリンク>


11時近かったでしょうか。
やっと名前が呼ばれ、1番の長椅子に座ります。
そして検査室へ。

焦点検査と目の表面に軽く風を当てて眼圧を測って、
再び待合室にて待機。

再び、名前が呼ばれ2番の長椅子に。
今度は、視力検査です。
「字ひとつ視力検査」も行ったのですが、よく見えませんでした。

それが終わったら、3番の部屋に。

この部屋には、
OCT(光干渉断層計)や眼底カメラ、視野検査などの精密機器が置かれてました。

部屋に入って直ぐ右手に長椅子があり、そこで一旦待機します。
そして、それぞれの器械で検査をしていきます。

前回、前々回と手術した大学病院には、無い器材もありました。

検査してくれるのは、女性の看護師。

「検査するのに、こうしてほしい」

などと注文されるのですが、目の前は暗く思うように行きません。

奥の方に、写真を現像するような薄暗い部屋があり、そこに通されました。

左目を充て、
緑だったか、白だったか、忘れましたが、

「光が目の前を通過したら、ボタンを押してください」

と、言われたのですが、殆ど見えませんでした…

7〜9台くらいの器械があったと記憶しています。

全ての検査では、目の痛みは無かったのですが、
初めての検査なので若干の怖さはありました。

あ、採血もその部屋で採りましたね。

一番痛かったのが、この採血かも(笑)

血圧も同時に測りました。

時間にしてどれくらい経ったのでしょうか?
お昼の時間は、とうに回っていましたね。

一通りの検査が終わり、待合室に。

その頃は、ポツリポツリと待合室の長椅子は空いてきていました。

不安が過ぎります。

しばらくして、受付右手の診察室に来いと、アナウンスされました。

診察室の手前で名前を言ってカルテと確認。

両目に眼孔を開く点眼剤を指します。

そして、奥へ。

3つの厚いカーテンに囲まれた前の長椅子に座ります。

それぞれ、カーテンには、その奥にいる先生の名前が書かれたプレートが掲げられていました。
自分は一番奥の長椅子に座ります。

しばらくすると、看護師さんがペンライトで両目をチェック。
足りないということで、2回程同じ点眼剤を挿されました。

それから待つこと、15分ぐらい。
やたら時間が長く感じました。

カーテンが開き、看護師さんから自分の名前を呼ばれました。

いよいよ、先生の診察です。

今日は、ここまでです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2017-09-10



<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。