ILIFE V3s Pro ロボット掃除機を使ってみました。動画もあるよ!

ILIFE V3s Pro ロボット掃除機を使ってみました!



<スポンサーリンク>


突然ですが、皆さんの家にはペットを飼っていますか?
自分は猫を1匹飼っています。
名前は“ガジラ”
♂で、普段はガジと呼んでいます。

いや~可愛いですね!
癒やされますね!

が、しかし、
いつも悩まされるのは、こいつの

“抜け毛”

なんです!

犬や猫などを飼われている方なら、お分かりいただけると
思います。

そこで、思い切ってロボット掃除機の購入を検討しました!

皆さんは、ロボット掃除機と聞けば、やはり
“あれ”を思い浮かべると思います。
そう、
“ルンバ”
です。
多分、世界中で一番有名なロボット掃除機かも知れませんね。
当然、自分もルンバ狙いでした。
が、値段が、た、高い・・・

(・´ω`・)

私のような薄給取りには、到底手が出せません。。。
最低でも30,000円以上はします。
やはり、貧乏人には手を出すなと言うことなのでしようか?(笑)

しかし、どうしても
ロボット掃除機
が、欲しい!!

そこで、再度調べてみたら、幾つかのメーカーからも出ているんですね。
でも、そのほとんどが、
中国製
でした。

う~~~ん、どうなんだろ?

自分みたいな昭和生まれのおじさんには、正直大丈夫なの?
と疑心暗鬼を生ずます。
しかし、物欲には勝てません。
狙いは

ILIFEのV3s Pro

に絞りました。
ILIFEのV3s Proに決めた理由は以下の3点です。

1 ルンバよりも安い。
2 Amazonのレビューも悪くない。
3 たとえ性能が悪くても、この値段なら諦めがつく(笑)

しかも、このILIFE V3s Pro、
「ペットがいる家庭のために設計されました」
と謳っているではないですか!
ええ~い、ここは賭けじゃ!
(↑ちと大袈裟ですね(笑))
て、感じで購入しました。

購入したのが、今年の5月です。
約5ヶ月使用した感想を書いてみたいと思います。

まずは、見た目から。
ILIFE V3s Proは、2重の箱に詰められていました。

箱を開け、本体を取り出します。
白を基調にしたモダンなデザインが気に入りました。
持ち上げてみると、思ったほど重くないんですね。

付属品です。
充電台、電源プラグ、クリーニングツール、交換用のサイドブラシ、HEPAフィルター、リモコン、マニュアルが入っています。
当然、マニュアルには日本語が対応しています。

ACは、2芯ですので、アダプターを別途買う必要は、ありません。

早速使ってみました。

買ったばかりですから、フル充電してリモコンでスイッチON!
動作音ですが、思ったより静かですね。

このILIFE V3s Proですが、
3つの「クリーニング」モードを備えています。

1 自動クリーニング 自動的に室内をお掃除し、室内の状況に応じてお掃除を調整します。

2 スポット・クリーニング 本体を汚れているエリア近くに置き、リモコンの「スポット」ボタンを押してスポット・クリーニングを開始します。

3 エッジ・クリーニング 本体をエッジ(壁)の近くに置き、リモコンの「エッジ」ボタン  を押してエッジ・クリーニングを開始します。

マニュアルから抜粋。

ゴミ捨てですが、
本体下にある“PUSH”を押して、ダストボックスを取り出します。
あとは、ダストボックスの蓋を開けて、ゴミ箱にポイ。
なんて、簡単なんでしょう!
そして、仕事が終われば、自動で充電台のもとへ帰っていきます。

ガジの抜け毛です。びっくりするほど取れています!

簡単に動画にしてまとめてみました。

いかがですか?
ルンバよりも安く、性能もバッチリ。
ただし、欠点もあります。
それは、ACなどのケーブル類に乗り上げた時、絡まってしまうのです。
この値段なら仕方がないと思います。
そのあたり、気をつけていただくと大変、満足できる商品だと思います。
特に、犬や猫のペットを飼っているご家庭にオススメです。

あ、

あと、最後に個人的にですが、機能以外の感想を。
ロボット掃除機を買ったおかげで、

“時間を有効に使えるようになりました!”

つまり、今までは、掃除機をかける。
かけ終わったら洗濯に移る。
洗濯機を動かしている途中に他の片付けをする。
ええ、これが、1度に出来ちゃうのです。
ILIFE V3s Proと二人三脚ですね!(笑)

大物なのか!?ILIFE V3s Proが動いている間もぐーすか寝ております(笑)

フローリングが綺麗になり、ガジもご満悦(笑)

2017-10-30

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。