Shonan BMW スタジアム平塚(スタジアム巡り その13)

Shonan BMW スタジアム平塚




<スポンサーリンク>


完成は、1987年。
収容人数は、15,690人です。
湘南ベルマーレのホームです。

BMWスタジアムと略称します。
陸上競技場なので、トラックがあります。
メインスタンドの1部にしか屋根はありません。
ゴール裏は立ち見席になります。
山梨中銀スタジアムと同じく、観客席の傾斜は緩くサッカーを見るには適していません。

アウェーゴール裏です。

ピッチに関しては、他のスタジアムを凌駕します。
それほど素晴らしいピッチです。
ノエビアスタジアム神戸とは比べ物になりません(笑)
2006年にベストピッチ賞を獲得しています。
(J2クラブのスタジアムとしては初受賞)

アクセスですが、
JR平塚駅北口よりシャトルバスが出ています。
乗車時間はだいたい7〜10分ぐらいです。
スタジアムは、平塚総合公園内にあります。
また駅近くにレンタサイクルがあります。
帰り道は下り坂なので、夏場なんかは気持ちいいかも!




<スポンサーリンク>


スタジアムに着く前に屋台が多く出ていますので、飲食には困らないでしょう。

東中野住みの自分は、JR新宿から湘南ライナーで行きますね。
JR平塚までは、約1時間。

時間がある方は、鎌倉や江ノ島に行ってみるのも如何ですか?

江ノ島には猫が多数住み着いています。 猫好きには、たまらないかも!

江ノ島電鉄鎌倉駅では多くの観光客で賑わっていました。

鎌倉では、鶴岡八幡宮に行きました。

湘南ベルマーレは、現在J2です。
好調に首位を走っており、このままだとJ1に昇格すると思います。
(2017年10月11日現在)


<スポンサーリンク>


その昔は、ベルマーレ平塚と名乗っていました。
中田英寿を始め、現アルビレックス新潟監督の呂比須ワグナー、名塚善寛、名良橋晃、
小島伸幸、韓国代表の洪明甫(ホン・ミョンボ)など数々のスターが在籍していました。
エースストライカーであった野口幸司は、
1995年5月3日の鹿島アントラーズ戦で5得点を決め、
Jリーグ1試合個人最多得点記録を持っています。
1994年には、セレッソ大阪を破り、天皇杯初優勝をしました。
しかし、1999年にメインスポンサーのフジタが撤退し、低迷期を迎えます。
2000年に湘南ベルマーレに改名。
名将、曺貴裁(チョウ・キジェ)監督に寄って生まれ変わろうとしています。

※曺貴裁監督は、かってヴィッセル神戸のDFとしても活躍しました。

2018年は、J1で台風の目になるかもしれませんね!

2万人以上収容できるスタジアム移転構想があるみたいです。

是非とも素晴らしいスタジアムを建築したもらいたいですね!

湘南といったら、“生しらす”ですね!

マスコットのキングベルI世です。




2017-10-11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください