NACK5スタジアム大宮(スタジアム巡り その15)

NACK5スタジアム大宮

大宮アルディージャのホームです。

完成は、1960年。
当時は“埼玉県営大宮公園サッカー場”と呼ばれていました。
日本初のサッカー専用球技場です。
これを書くまでは、
ノエビアスタジアム神戸の前身である“神戸市立中央球技場”が、
日本最古のサッカー場だと思っていました。
“神戸市立中央球技場”が1970年で、
こちらが、1960年。
“埼玉県営大宮公園サッカー場”の方が古いんですね。
2007年に大規模な改修工事を行いました。
収容人数は、15,500人です。
改修工事のため、大宮アルディージャは、2006年〜2007年10月まで、埼玉スタジアム2002や駒場スタジアムなどをホームにしていました。
浦和レッズとのさいたまダービーは、サポーターも熱くなり、試合が盛り上がります。
ガンバ大阪とセレッソ大阪との大阪ダービー、清水エスパルスとジュビロ磐田との静岡ダービー、松本山雅FCとAC長野パルセイロとの信州ダービー等は、
否が応でも盛り上がりますね!


<スポンサーリンク>


アクセスは、JR大宮駅から、徒歩で20分ぐらいです。

最初は迷うかもしれませんね。

JR大宮駅東口よりバスも出ています。
その場合は、国際興行バス「導守循環」行で
「大宮サッカー場前」下車徒歩約1分です。
自分は、基本歩きますね。
1度だけ痛風になり、JR大宮駅からタクシーを使ったことがありました(笑)
そこまでして行くんかい!
徒歩の場合は、JR大宮駅東口前にある
「すずらん通り」を突き抜けます。


その後、「氷川参道」に入り、「氷川神社」を右手に曲がれば、スタジアムが
見えてきます。

オレンジ色したレプユニを着ているアルディージャサポがスタジアムに向かって
歩いていますので、
こっそりと後をつけていきましょう(笑)←適当


<スポンサーリンク>


「氷川参道」は、桜の咲く時期は大変美しくもあります。


柏レイソルがホームとする、日立台と同じく、長方形のため、メイン、バックスタンドの最前列は、手前奥のコーナーポストが見にくいですね。

このように観客の頭が邪魔になります。

ホーム、アウェーとも1階ゴール裏は立ち見席になります。
また、屋根がメインの1部にしかないため、雨の日には、合羽が必要になります。

バックスタンドの真後ろには、埼玉県営大宮公園野球場があり、埼玉高校野球の地区予選やプロ野球埼玉西武ライオンズの主催試合が行われています。




<スポンサーリンク>


スタジアムグルメですが、コンコースが狭いため、あまり期待できるものはありません。

しかし、試合後は大宮駅周辺にたくさんの飲み屋があります。
今年は、4月8日の第6節を見に行きました。
2-0で見事な勝利!

岩波拓也のゴールが決まります!

試合後は、サポーター仲間と大宮駅の近くで飲みましたね。

大宮アルディージャは、現在、17位で、
(10月16日現在)
降格の危機に晒されています。
昨年まで活躍していた家長昭博選手が川崎フロンターレに
移籍したのが原因なのでしょうか?
(当然、それだけではないと思うのですが…)
是非とも、J1残留を果たして、来年も​“NACK5スタジアム大宮”
に行きたいものですね!



試合に負けてもラブラブな“アルディとミーヤ”です。

霊が写っているわけではございません…

2017-10-16

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。